ドコモ光のプロバイダの速度の比較!遅いとこは?

ドコモ光の選べるプロバイダの種類

ドコモ光は「Aタイプ」と「Bタイプ」があって1つずつプロバイダの系統によってタイプが決められています。
ドコモ光に対応するプロバイダは次にあげるとおり。なおBタイプの方が毎月にかかる通信代200円ほど高いです。

 

タイプA

 

ドコモnet、ぷらら、so-net、ビッグローブ、
DTI、BBエキサイト、エディオンネット、シナプス、楽天、ゼロワンヒカリコアラ、
アンドライン、クイット、@ネスク、
hi-ho、GMO、ic-net、タイガースドットコム

 

 

タイプB

 

アサヒネット、@nifty、@Tcom、
TNC、OCN、ワクワク、
@ちゃんねるネット

 

結論から言って、タイプAの中から決定した方が月々の料金が安く得をするプロバイダが多くあります。
あまり知らない会社も多いですが、いずれにしろタイプBはさきほど書いたようにた月額料金が200円/月間高い上に
魅力がある独自サービスが少ないです。

 

ただし、今現在、タイプBのプロバイダのどれかで加入をされていて、
メールを利用しているユーザーは「転用」という方法でフレッツ光回線から乗り換えるのであれば、タイプBにするのも悪くないです。
しかしながら新規で加入されるユーザーは何回も言うのですが間違いなくタイプAがオススメです。

 

 

⇒ ドコモ光のキャンペーンサイト

 

 

 

 

プロバイダによって速度に違いはあるのか?

NTTフレッツ光やドコモ光を利用できるプロバイダは数多くありますが、
回線スピードはプロバイダで開きがあるのでしょうか?
1000円/毎月のプロバイダは500円/毎月のプロバイダよりインターネットのスピードが速いのでしょうか?
答えは「回線スピードはプロバイダでは変化なし。」になります。

 

 

 

ドコモ光で一番おすすめのプロバイダは?

先述した通り、「タイプA>タイプB」という風に月々の料金が200円もタイプAの方がお得であるため、
タイプAの中でおすすめのプロバイダを載せていきます。
さらにそのプランAの中でもっともおすすめできるプロバイダがGMOとくとくBBです。
比較の大きなポイントは料金、速度、特典の大きさです。
月々の料金が安かったり、特典が優れていたりなど、「GMOとくとくBB」が速度の面であっても大きな優位性がありました。

 

 

ドコモ光は光コラボで一番のシェアを誇っており、その中でも料金の安い「プランA」に人気があります。

 

  • 集合住宅タイプ:月々の料金4,000円※1
  • 戸建て住宅タイプ:月々の料金5,200円※1
  • 工事費無料キャンペーン
  • dポイント10,000ptプレゼント
  • 市販で1万円相当の高性能無線LANを無料プレゼント
  • 最大11,000円キャッシュバック※2
  • v6プラスにより高速通信が期待できる

 

※1 もちろん料金は月額が安いプロバイダ料金「プランA」コミコミ価格
※2 条件に、ひかりTV(2ねん割) or スカパーに加入。

 

というようなようにサービスが色々あります!

 

「月額の低さ」「特典」「スピード」「安心」いずれもナンバーワンのGMOとくとくBBが最もおすすめのプロバイダになります。

 

 

⇒ ドコモ光のキャンペーンサイト

 

 

ドコモ光