ドコモ光のプロバイダのタイプAとタイプBの違いは?

ドコモ光のプロバイダのタイプAとタイプBの違いは?

ドコモ光で選べる2つのタイプとプロバイダについて
ドコモ光は一戸建て住宅で利用するプランと集合住宅で利用するプランに分けられており、
それぞれ毎月にかかる利用料に差があります。

 

一戸建て住宅で利用する場合も集合住宅で利用する場合も、
2つのタイプの中からプロバイダを申し込むことが出来て、
その種類はそれぞれタイプA、タイプBとなっています。

 

まずはタイプA、タイプB、で選ぶことができるプロバイダについて紹介したいと思います。

 

ドコモ光タイプAで選べるプロバイダ

ドコモ光タイプAは戸建てでの利用の場合が月額5,200円、マンションでの利用の場合は月額4,000円となっています。
タイプAで選べるプロバイダは全18社で、どの会社を選んでも月額料金は変わりません。

 

プロバイダごとにスピードの違いがあるといわれていますが、
いずれも1Gbpsという理論上の速度となっており、実測値はご利用の環境によっても異なるため、
一定基準で比較をすることは難しいのが実情です。
そのため、目に見えたプロバイダごとの違いはメールアドレスの容量の違いと、セキュリティーの金額となります。

 

基本的にはプランが世に送り出されたスタート時から参入しているタイプAは、
安い値段で有名なプロバイダーになります。
プランの中身は「GMO」が利用者目線のプランを扱っている以外は、変わらないです。

 

タイプBでも、それなりに沢山の有名なプロバイダも参入しています。
月々の料金200円の差ですが、1年間だけで契約終了といったケースは稀有ですので、
2年間以上の長期用で、コースを選択をした方が、事実上の利用料を損せず比べることができます。

 

タイプAのプロバイダを一度に確認

 

01光コアラ・・・・・発行メアド1つ(容量5ギガバイト)

 

BBエキサイト・・・・・発行メアド1つ(容量2ギガバイト):セキュリティお金が必要

 

BIGLOBE・・・・・発行メアド5個(容量制限なし): セキュリティ12ヶ月0円

 

DTI・・・・・発行メアド10個(容量制限なし):セキュリティお金が必要

 

GMOとくとくBB・・・・・発行メアド15個(容量制限なし):セキュリティお金が必要

 

IC-NET・・・・・発行メアド1つ(容量3ギガバイト):セキュリティお金が必要

 

So-net・・・・・発行メアド4個(容量制限なし):セキュリティ24ヶ月0円

 

アンドライン・・・・・発行メアド1つ(容量2ギガバイト):セキュリティお金が必要

 

エディオンネット・・・・・発行メアド1つ(容量1ギガバイト):セキュリティお金が必要

 

シナプス・・・・・発行メアド1つ(容量1ギガバイト):セキュリティお金が必要

 

タイガースネット・・・・・発行メアド2個(容量100メガバイト):セキュリティ長期0円

 

ドコモnet・・・・・発行メアド1個(容量1ギガバイト):セキュリティ12ヶ月0円

 

ネスク・・・・・発行メアド1つ(容量5ギガバイト):セキュリティお金が必要

 

ハイホー・・・・・発行メアド1つ(容量1ギガバイト):セキュリティお金が必要

 

ぷらら・・・・・発行メアド7個(容量2ギガバイト):セキュリティ12ヶ月0円

 

楽天ブロードバンド・・・・・発行メアド10個(容量200メガバイト):セキュリティお金が必要

 

TiKiTiKi・・・・・発行メアド1つ(容量1ギガバイト):セキュリティお金が必要

 

ウーパ・・・・・発行メアド1つ(容量5ギガバイト):セキュリティお金が必要

 

タイプBで選べるプロバイダ

 

ドコモ光タイプBは一戸建て住宅での申し込みの場合が月々の料金5,400円、
集合住宅での申し込みの場合は月額4,200円となっていて、
タイプAと比較して200円高くなっています。めちゃめちゃ拘りをしない限り価格メリットのあるタイプAを選んでOKです。
タイプBで利用できるプロバイダは全部で7社で、この中であるならどのプロバイダ業者を選んでも毎月利用料は同一です。

 

 

⇒ ドコモ光のキャンペーンサイト

 

 

 

タイプBのプロバイダ一覧

 

@nifty・・・・・発行メアド1つ(容量5ギガバイト):セキュリティお金が必要

 

ASAHIネット・・・・・発行メアド1つ(容量制限なし) ?

 

OCN・・・・・発行メアド1つ(容量1ギガバイト):セキュリティ12ヶ月0円

 

TNC・・・・・発行メアド3個(容量制限なし):セキュリティお金が必要

 

WAKWAK・・・・・発行メアド2個(容量50メガバイト):セキュリティお金が必要

 

アットティーエム・・・・・発行メアド1個(容量制限なし):セキュリティお金が必要

 

チャンプルネット・・・・・発行メアド1個(容量5ギガバイト):セキュリティお金が必要

 

最終結論

ドコモ光のプロバイダタイプの違う所は、広く見ると大差がないです。
インターネット速度も理論上は違いませんから、メールアドレスの提供数、安全サービスの差くらいです。
したがって、毎月通信代200円お得なタイプAの中からご希望のプロバイダを選びましょう。

 

ドコモ光にはプロバイダごとに、タイプA・タイプBのプランが存在します。
これらについては全部NTTフレッツ光回線の環境をリースしたドコモ独自のサービスになります。
ドコモ光のプロバイダはタイプごとに毎月にかかる通信代が異なりますが、
こだわりを持ってなければ安価であるタイプAの中から決めましょう。

 

プロバイダごとの大きな違いはありませんから、
メールアドレスの数やセキュリティの無料期間などを判断基準にお選びになるほうがいいと思います。

 

 

タイプAにするのみで、2年間で、4800円も安価になる計算になり、
その上、「GMOとくとくBB」にすることで、オンリーワンのキャンペーン特典が受けられるます。

 

 

 

⇒ ドコモ光のキャンペーンサイト

 

 

ドコモ光