ドコモ光のプロバイダはV6プラス(IPV6)がおすすめな理由

ドコモ光のプロバイダは、V6プラス(IPV6)がおすすめの理由

  • IPv6接続でインターネットのスピードが向上?
  • 「v6プラス」とは?

 

近頃「IPv6接続」というフレーズを聞くようになりました。
それでは、「IPv6接続」とはそもそも何なんでしょうか?
シンプルに言うと昨今、中心の「IPv4接続」の次世代バリエーションになります。
この「IPv6接続」はプロバイダによって対応状況がまちまちでインターネットのスピードの決定的な向上が期待できるケースもあるんです。

 

それでは、適応しているプロバイダならば一切合切インターネットのスピードは速度アップするのか?
返答は「ノー」になります。
理由は「IPv6接続」にも下記表のような種類があり全てが速度を改善できるわけではないからです。

 

最終結論からいえば「IPv6 IPoE」という接続方式に適応しているプロバイダは、インターネットスピードの大きな向上が期待できるんです。
ではどうして「IPv6 IPoE」の方法だけがインターネットスピードを向上させられるのか?答えは、

 

  • ベストスピード200メガバイトのトンネルをくぐらない
  • 混むプロバイダを通ってない

という理由なんです。

 

そして「GMOとくとくBB」や「@nifty」がアピールしている「v6プラス」とは「IPv6 IPoE」のサービス名称なのですね。

 

 

 

また、ドコモ光で「IPv6」が利用できる内容を公に発表しているプロバイダは、
現時点ではv6プラス(ビッグローブ含む)に対応したプロバイダだけです。
確認できないプロバイダを利用すると、アフターサービスを受けられず
自身の責任でやらなければならない可能性大なので気をつける必要があります。

 

この事を念頭に置くと候補としては、下の4法人に絞られます。

 

  • GMOとくとくBB
  • BIGLOBE
  • IC-net
  • @nifty

しかし一つだけ注意点が存在します。
それは、「IPv6 」での接続をすることを望むならプロバイダの対応状況は当然のこととして、
適応するルーターが必要になりプランによって準備すべき器材が違うことです。
ルーターを購入するケースでは、必須条件としてプロバイダに対応可能かどうかを見極めるようにしましょう。

 

⇒ ドコモ光のキャンペーンサイト

 

 

ドコモ光